最初の一歩を手作りしませんか?ファーストシューズ・ベビーシューズの総合情報サイト

ダウンロード

各サイズの標準形と思われるものを書いてみました。
型紙を原寸でプリントアウトしてください。(特厚紙のほうがいいです)
または、プリントアウトした紙をケント紙のような厚手の紙に写してください。 それをカットして使います。
デザインなど、好みで調整してかまいません。
(PDFファイル形式で保存してありますので、開くにはアクロバットリーダーが必要です。)

アクロバットリーダーをお持ちでない場合、こちらからダウンロードしてください。



※原型の大きさが違っているかという事よりも、実際に赤ちゃんの足の大きさと合っているか、という事の方が重要です。

型紙を印刷した際に、スケールと多少寸法が違っていても、赤ちゃんの足に中敷型を当ててみてほぼサイズが合っていればOK。
子供の足は、5mm単位で大きくなるわけではないので、むしろ、多少は拡大、縮小してもらったほうがピッタリのサイズが作れるかもしれませんね。

中敷のプリントアウトを足に当てて、赤ちゃんの足のかかと3mm、つま先5mm程度の余裕があることを確認してください。

もし印刷した際に大きく寸法が違っているのなら、拡大・縮小コピーなどで調整してください。 サイズが大きくなる毎に、長さと幅の比率が大きくなり、踵部分も大きくなります。
それぞれのサイズで、バランスが違っています。 全体の比率は年齢とともに、甲が低くなり、モカの部分も小さくなります。 型紙を画像ソフト等で拡大、縮小することで14cm以上の靴を作れないことはありませんが、 甲と踵の比率を念頭において調整してください。