2017年6月24日(土) 14:23 JST

 

赤ちゃんの足

 0First step shoes

ファースト・ステップ・シューズ・・・赤ちゃんが立ち上がって、生まれて始めての第一歩を踏み出す時に履く 靴のことです。実際には出産祝いにプレゼントされる靴といったほうがいいかもしれません。ヨーロッパでは赤ちゃんにファースト・ステップ・シューズをプレ ゼントする習慣があります。形式的に履かせて、その後金箔や銀箔で加工して、その子が成人したり、結婚したとき、プレゼントするんだそうです。

日本でも子供用品専門店等で見かけることがあります。でも、日本では靴を履く歴史が長くないせいか、お祝いにファーストステップシューズを送るということ はそれほど一般的でないように思います。このホームページが、ファーストシューズを贈るきっかけとなれば、作者として、このうえない喜びで す。

 このページでは、赤ちゃんのファースシューズから、3歳くらいまでの歩ける靴の作り方と、手作りキットの紹介、また、みなさんの手作り作品等を紹介しています。

 

自分で作れるの?


昔は全部手作りでした。

昔 から日本人は下駄や草履など、みんな手作りでした。日本の靴の歴史はそんなに古くはないけれど、ヨーロッパなどではミシンもない時代から靴を履いていまし た。一足ずつ、手作りしていたわけです。昔は、靴は手作りするものだったんです。このホームページでは、昔からある靴のモカシン製法(ワラビーのよう に、一枚の革または布で足を袋のように包む製法)で、特別な道具を使わずにオリジナル・シューズを作る方法を紹介しています。

 

私にも作れるの?

 このホームページには、9cmから14cmの靴の型紙の画像が入っています。それをプリントアウトして、革や布に写して、カットし、貼り付け、縫い合わせて、オリジナルの靴を作ることが出来ます。また、材料入手困難な方のために手作りキットの販売や、作成の代行もしています。

手作りの靴を履かせても大丈夫なの?

imgfiles

大 丈夫です。(笑)少なくとも私の娘や、私が作った靴を履いている赤ちゃんはここで紹介する靴を履いて遊びまわってます。ただ、天然の素材を使いますから、 色落ちすることもありますし、合成ゴムの靴より傷みは早いでしょう。雨の日に履かせたり、水たまりで遊ばせることに適しているとは思えません。でも、現在 小売りされている靴の大半は、大量生産で、あなたの赤ちゃんのために作られたものではありません。もちろん、一つの靴を作るために、多くの工夫が盛り込まれていますので、それらの既製靴を否定するつもりはありませ ん。

大事なのは「手作りということ」です。

赤ちゃんにとって一番大事なのは、靴のサイズが足の大きさに合っていることです。サ イズが合っていない先の丸い靴や、底の固い靴より、足型に合った柔らかい手作り靴の方が赤ちゃんの足にはいいと、私は考えていま す。それに、世界に一つしかないあなたのオリジナルシューズを赤ちゃんに履かせてあげることがとても大切なことだと思います。是非、「作ってみましょう」のページから、オリジナルデザインの赤ちゃん靴を作ってみてください。材料など自分で1から揃えるのは大変というかたのために「手作りキット」も用意しましたので是非ご利用ください。

 

早いものでこのサイトを立ち上げてから14年になりました。多くの方から問い合わせをいただき、多くの方に靴を作っていただきました。「サンプル作品」のページは私が怠けているので殆ど進歩していませんが、そのかわり、「皆さんの作品」のページは随分と賑やかになりました。

 

皆さんの作った夢のある靴を是非、見ていってくださいね。


 

back shoes

Home

 

 

  • 最終更新日: 2016年6月17日(金) 18:01 JST
  • 表示回数: 4,365